住宅ジャーナル(日本建材新聞社)にも掲載されました


※ 再生ボタン ▶ を押すと案内音声が流れます。

    
「住宅ジャーナル」は21 世紀型住宅ビジネスの追及をメインテーマに、とくに住宅資材流通の活性化に焦点をあてたオピニオンと最新情報を提供し、時代を先取りした総合情報誌。


※ 日本建材新聞社 掲載記事内容
❖ 見出し
欧州環境基準適合のエコ建材
炭だけど炭っぽくない「炭玉くん」が広島で拡大 ドリーム㈱
化学物質・電磁波などの吸収、マイナスイオン多量発生・調湿・断熱・吸音・防臭・防虫・
遠赤外線効果 床下に施設するだけで電磁波ゼロに1gでテニスコート1面分の表面積で吸着

❖ 本文
欧州環境基準適合の環境改善商品「炭玉くん」が広島県を中心に拡大している。同品を
開発し販売しているのはドリーム㈱(広島市南区、松浦社長)。
これはただの炭ではない。床下をはじめとする全ての住空間に敷き詰めるだけで、調湿
はもとより、化学物質・電磁波・などの吸収・マイナスイオン多量発生・断熱(保温保冷)・
吸音(JIS吸音試験適合)・防臭(フォースター試験適合)・防虫・遠赤外線効果など、
実に様々な機能を持つ(全て詳細な性能データ取得済み)。
断熱により住宅内の保温保冷が維持できるため、家庭の電気代が3万5000から1万
円程削減したという例もある。よってCO2削減も行うエコ住宅にもなるという。また、
殺傷能力のある竹酢酸を300倍に薄めて製造過程で混入しているため防虫予防にも効果
がある。
吸音効果も高く、2.5m×4mの枠内に高さ130㎜まで施設した結果、既存の防音材と同
等の性能を見せた。増量すればこれを上回る性能を発揮すると同社では考えている。
「炭玉くん」は、同社が独自開発した機械で国産高級炭をベースに製造、発砲形状である
ため非常に軽い。だから個建住宅やビル建築の全ての空間に利用できる。
加工により純度の高い炭素の塊になるため、炭1gでテニスコート1面分(200~400㎡)
の内部表面積を持つ。1つが男性の親指より少し大きいくらいになり、その表面
積は600㎡。そこに弾力吸収性を持つ無数の孔(空洞)が存在するため多機能性を持つ。
中でも電磁波吸収力は、その空洞に電磁波が跳ね返りながら通過する過程で波動が吸収
され消えていく機能。よって、慢性的に住宅内を飛び交っている電磁波をゼロに近い状態
にまで吸収できることが実測で判っている。
同製品の多機能性は還元力とも言える。木材や断熱材に吸着していた湿気をも炭玉くん
が吸着、乾期に放出するという作用を繰り返す。よって木材の含水率を低下させ、半永久的
にカビ・シロアリの住みにくい環境を形成する。また酸化された場所を好む雑菌やダニ
などが寄生しにくい環境も創造する。
同製品は発泡形状で軽いため、施工は簡易、手も汚れない。その形状から側面・底辺が
生きているためメンテナンスフリー(PL保険加入、1事故に対人対物保険額1億円)。
燃やしても黒煙(ダイオキシンなど有毒ガス)を発生せず、土に埋めると30年で抱懐する。
同製品の能力は目に見えず、効果が判りにくい。そこで同社松浦さんは音声センサー付き
の電磁波計測器で施工前後を計測したところ、常に音声変化が明確に起きるため非常に
驚かれ、そこから採用に至るケースが多いという。
ドリーム㈱ 広島市南区西旭町9-22 TEL.082-252-1108 http://www.sumidama.com
❖ 2017年現在
dream company 株式会社 〒734-0005 広島市南区翠3-12-36 ☎082-252-1108




 

page top